2011年09月21日

聖夜乙女雪乃 二章(7)


//雪乃
「うあぁぁっ……や、やぁ……はぐっ……うううっ……」

//男1
「なかなかキツクて気持ちイイぜぇ」

私の膣内を味わうかのようにしながら、男が激しく腰を突き上げねちっこく動く。
腰を浮かせて逃げようとしても男が腰を掴んで私を逃がしてはくれない。
ガンガンと下から肉棒で突き上げられ、私の膣内の奥深くに男の肉棒が届く。

//雪乃
「いやぁぁっ!! は、はげしっ……も、ふぁぁっ……ぬ、抜いてっ……抜いてよぉっ!!」

//男1
「はっ、誰が抜くかよ」

私の声を無視しながら、男はさらなる快楽を求め、さらに激しく腰を突き上げる。
膣内を肉棒でかき回されていき、私の身体からは抵抗力が抜けていく。

//雪乃
「ふぁぁぁっ!! あ、あひっ……ひやぁっ……あ、あふっ……うぁぁぁぁっ!!」

//男2
「ただ順番待っているのもつまらねぇなぁ」

//男3
「だな。 おい、握れよ」

私の目の前に左右から肉棒が突き出されてくる。

//男2
「ぼけっとしてねぇで、握るんだよ」

//雪乃
「あ、あぅっ……は、はぁっ……そ、そんな……」

突然のことに目を白黒させる私に、男たちは冷たく言い放った。
男たちの汚い肉棒など握りたくも無かったけれど、断ったら何をされるかわからない。
私は泣きそうになりながらも仕方なく男の肉棒を握り、こすっていく。

//男2
「そうそう、しっかりこすれよ」

//男3
「サボったりしたら殺すからな」

//雪乃
「うくっ……う、うぅっ……んっ……はぁっ……あぅっ……こ、こんなのっ……や、やぁ……」

私は弱々しく助けを求めるけれど、犯されている私を助けるものなど、周りには誰もいない。
男たちは欲望に満ちた瞳で私を取り囲んでいる。
今か今かと自分の番を待っているのだろう。

『や、やだ……なんで私がこんな目に……』

//男1
「おらぁっ、もっと腰を振って俺を楽しませろよっ!!」

//雪乃
「ふぁぁぁっ……や、やぁっ……そ、そんなにっ……は、激しくっ……うあぁっ……あひっ……やぁぁぁっ……ふぁぁぁっ……」

男の激しい突き入れに私の身体が弓なりになる。
まるで人形のように乱暴に扱われながらも、私は男に言われたとおりに腰を動かして男を喜ばそうとする。
さっさと終わらせて、私は一刻も早く解放されたかった。

//男1
「うぉ、急に締め付けてきやがった」

//雪乃
「んくっ……ふぁぁっ、は、はぁっ……も、もうっ……は、はやくっ……い、イッてよぉ……んくっ……はぁっ……あふっ……」

肉棒を握っている両手も激しく動かす。
手が男の体液で汚れ、こする度にニチャニチャと嫌な音を立てる。

//男3
「うお、コイツなかなか上手いな」

//男2
「処女でもねぇし、慣れてるんだな」

//雪乃
「そ、そんなっ……こ、ことっ……な、ないっ……んくっ……ふぁぁぁっ……」

男の言葉を否定したかったけれど、それは上手く言葉にならない。
私は男たちの陵辱に耐えるので精一杯だった。

//男1
「くっ、そろそろイクぜ」

//雪乃
「ひぁっ……や、やぁっ……な、なかっ……なかはいやっ……お、おねがいっ……お願いっ……だからぁっ……なかはっ……やぁっ、いやぁっ!!」

『夢憑き』とはいえ元は人間だ。
膣内で出されてしまったら妊娠してしまうかも知れない。
それだけは勘弁して欲しい。

男に犯されながら、私は必死に膣内には出さないで欲しいと懇願し続ける。
だけど男は黙ったままだ。

//雪乃
「お、おねがいっ……な、なかっ……やぁっ……いやなのっ……んくっ……ふぁぁぁっ……あ、あひっ……ひやぁぁぁっ……」

//男1
「いくぜっ!!」

//雪乃
「いやっ、いやぁぁぁぁぁっ!!」

男の腰が震え、次の瞬間には私の膣内へと大量の精液が流れ込んでくる。
私の願いも虚しく、男は私の膣内で射精をしていく。

//雪乃
「いやぁぁぁぁっ!! な、なかでっ……わたしのっ……な、なかでっ……で、でてるっ……せ、精液がっ……で、でてっ……いやっ……やぁぁぁっ……」

生暖かい精液が私の下腹部に広がっていく。
絶望に泣き叫んでいる私の顔にも左右から男たちの精液がかけられてしまう。

//雪乃
「んぶっ……や、やぁっ……か、かけないでっ……ふぁぁっ……あ、も、もぅっ……やぁぁぁっ!!」

モノクロームの世界の中で、私は全身を精液まみれにされて泣き叫んでいた。

posted by -Noel Valkyrie制作委員会- at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 聖夜乙女-雪乃-
この記事へのコメント
毎週チェックしています!!

最近、雪乃がひどい目にあいすぎてツライ><

ところで触手パンツ強制装着マダァ-?

             (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
Posted by at 2011年10月03日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48068931

この記事へのトラックバック